Home › 発癌性食品"ブラックリスト"

発癌性食品"ブラックリスト"

胃癌、大腸癌、乳癌の発生率は、年々増加してきます、一つの重要な原因は、現代人の食飲食習慣です。美味しいと思われる食べ物はたくさん発癌性物質を含めます。発癌性食品"ブラックリスト":

1.漬物食品。例:魚の塩漬け、ベーコン、ピクルス、ハム。分析:生産工程では、発ガン性物質ジメチルアミン亜硝酸塩は体内に生成できます、胃、腸、膵臓などの消化管癌の確率が上昇し、特に胃疾患患者がこのような食品をあまり食べるないように。

2.バーベキュー食品 例:ローストビーフ、ローストラム、ロースト豚。分析:肉の焼く過程には、多くの生理活性酸化物および他の分解生成物が産生するので、女性の卵巣、乳房、子宮に癌誘発を促進します。また、高脂肪、高タンパクの食べ物を食べて、癌および他の病気の危険因子である。

3.燻製食品。例:燻製ベーコン、燻製魚。分析:ベンゾピレンが含まれています。研究では、これは強い発がん性物質であることを示しました。よく食べると、食道癌と胃癌の誘発率が高いです。

4.揚げ物。例:フライドチキン、フライドポテトなど。

分析:揚げ物と胃癌、結腸直腸癌、乳癌、卵巣癌の病因が密接に関連しています。高温のフライ過程に動物脂肪が分解して、様々の化学反応で多種癌誘発物質を産生する、例: ベンゾピレン、アクリルアミドなど。人間の消化器官→口腔粘膜、咽頭、食道、胃、腸、特に大腸が消化管の末端で、毒と癌誘発物質の集中地になるので、癌になりやすい。

皆様は調理の過程のいろいろな化学反応を知りませんので、調理方法について、やはり煮、蒸のようなやり方を利用してください。

関連文章

キウイと癌予防

癌予防の要素

癌予防食品

マンゴーと乳がん

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved