Home › ビタミンEとアンチエイジング

ビタミンEとアンチエイジング

ビタミンEは抗酸化作用にとても優れていて、アンチエイジングなどに使われています。私たちの体は毎日活性酸素を発生しているので、体内では活性酸素があちこちの細胞の元気を奪い、酸化させてしまうことによって、メラニンの生成が促進されてしまったり、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまったりするので、抗酸化作用のある成分は肌や体にとってとても大切になります。

ビタミンEを多く含んでいる食品として、オリーブオイルなどの油、それから青魚、豆類などがあります。

体内で抗酸化作用を発揮してくれるので、細胞を健康に保つことができ、ターンオーバーのサイクルを正常に保ったり、皮脂が酸化してしまうことを防ぎ、毛穴の詰まりを改善してくれたりするので、あらゆる肌トラブルに対して効果があります。

抗酸化作用は年齢とともに低下していってしまうし、反対に活性酸素は増えていく一方ですから、活性酸素が増えてしまわないように、常に心がけておくのは大切なことです。 これにより肌を若々しく保つことが出来るし、黒ずみなども改善されていくので、毛穴が目立たなって綺麗な状態を維持することが出来るようになりますね。

ビタミンEは摂取す過ぎてしまうと骨密度を下げてしまって、骨粗鬆症になってしまうことが懸念されているので、摂取し過ぎてしまうことは避けるようにしましょう。

毎日摂取して過剰症になってしまうのが不安だという場合には数日おきの摂取でも良いと思います。

関連文章

抗老化(アンチエイジング)と田七杜仲精

女性のアンチエイジングには必要な食品

アンチエイジング(抗老化)と漢方

脳のアンチエイジング

» 商品詳細
»
  • 癌と戦う方

  • 肝臓、腎臓機能低下に悩みの方

  • アンチエイジングにチャレンジしたい方

86歳の男性 (元日本一部上場製薬会社会長)
私は、2006月6月に膀胱ガンが発見され、幸いにも早期発見ですぐに手術をしました。しかし、同年12月にはガンが再発。表皮性膀胱ガンとのことでした。
「田七杜仲精」を飲んで約半年、再発した膀胱ガンが消えた!
73歳の男性(元日本航空管理職)
私は90年代後半、国内のガンセンターで小細胞肺ガンと診断されました。手術で切除しましたが、抗ガン剤の副作用により、髪の毛は抜け落ち、体はだるく感じ、口内炎がひどく食事もままならない状態でした。
「田七杜仲精」を1日6g服用し3ヶ月後に肺ガンの影がなくなった!
もっと見る »
Copyright ⓒ 2011~2013 XUFENG-INFO All Rights Reserved