肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › アルコール性肝硬変の治療

アルコール性肝硬変の治療

アルコール性肝硬変患者の病因と症状(合併症)に対して、栄養支持、薬剤治療、手術、漢方などの一般治療方法があります。アルコール性肝硬変の治療前提は禁酒です。

栄養支持治療:アルコール性肝硬変患者の食欲が低下、胃腸の消化吸収も弱いので、栄養不良は一般的な症状です。栄養不良の場合、人体の免疫能力が下がって、合併症も発生しやすい。患者の個体状況によって、栄養摂取方案を調整しなければならない、例:肝性昏睡を合併する患者に分岐鎖アミノ酸を投与するはずです。栄養支持は禁酒と同じで、アルコール性肝硬変の治療基礎です。

薬剤治療:アルコール性肝硬変患者に抗酸化と抗線維化の薬を主として与えます。また、アルコール代謝を促進する薬も必要です。抗酸化薬の例:ビタミンE、シリマリン。抗線維化薬の例:ホスファチジルコリン、養生片仔廣。アルコール代謝薬の例:メタドキシン。

手術治療:重度アルコール性肝硬変患者の場合、禁酒後6ヶ月以上経過し、肝移植の適応となります。移植条件*肝外の悪性腫瘍の合併や重篤な感染症がないこと、重篤な多臓器の障害を伴わないこと。

漢方治療:研究結果で、漢方薬材の丹参、紅花、田七、銀杏抽出物など、アルコール性肝硬変に良い効果がある。以下の漢方処方をご参考ください。

1.鶏骨草(アブルス・カントニエンシス)30g、 丹参15g、水で煎じる。
2.京葫芦(苦瓢箪の実)12g、冬笋12g、水で煎じる。腹水患者に適応。
3.丹参桃紅飲。丹参30g、桃仁(とうにん)10g、ナツメ10個、水で煎じる。毎日1-2回。
4.茵陳姜桂飲。茵陳15g、乾燥した生姜6g、桂枝10g、水で煎じる。適量なブラウンシュガーを入れて、飲む。毎日1回。
5.鯉の小豆湯。約500gの鯉が一つ、小豆120g、五味子10g、陳皮6g、煮る。適量な砂糖を入れて、魚とスープを食用する。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved