肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home肝硬変悪化の十大前兆

肝硬変悪化の十大前兆

肝硬変は一種の慢性肝臓病です。肝硬変は合併症によって死に至ります。上部消化管出血は、最もよく表れる肝硬変の合併症です、肝性脳症は最もよく見られる肝硬変による死亡原因です。だから、われわれは肝硬変の悪化の前兆をいち早く発見する必要があります。

慢性肝臓病や肝硬変の療養中に、下記のような症状が現れたら、症状悪化と見て、早急に医者に受診し、検査および治療が必要です。

1) すぐ疲れるようになり、生活の自立にも困難を感じる。
2) ものすごく食欲不振で、毎日の主食が200g未満である。
3) 腹部が張り、特に夜中は症状が重くて、眠れない、息が切れ苦しくなる。
この三つの症状の中から一つでも表れたら早急に医者に受診することをお勧めします。
4) はっきりとした出血傾向がある、最近歯ぐきからの出血だけでなく、鼻血や皮膚粘膜にも血斑が見られ、注射後にうっ血し跡が残ります。また、大便が黒いばかりではなく、血便さえ現れ、検査で凝血酵素が‹40%以下に降下すると、消化管出血の前兆と見てよいです。
5) 下肢のむくみ、顔面のはれ、お腹周りが増加し、腹水が表れた人。
6) 尿量が日に日に減少し、一日の排尿量が500ml以下の人。
7) コントロール不可の低熱に襲われ、中性白血球細胞が増えている人。
8) 血液検査で低ナトリウム、低カリウムと低血糖が現れ、治療しても緩和されない人。
9) 患者の意識状態に異常が現れ、突然興奮し会話が多くなったり、わけがわからない事を言ったりして、方向性や計算能力障害が表れたら、肝昏睡症状発症の恐れがあります。
10) 黄疸が再び現れたり、黄疸指数が著しく上昇したりする。

肝臓病悪化の10個の前兆に警戒し、自分の症状を確実に診断後、治療においては合理的に休息し、合理的に飲食して、症状に合った薬を服用するのが原則です。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved