肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home › 口(口腔)から出した肝硬変のSOS

口(口腔)から出した肝硬変のSOS

肝炎から肝硬変への病変は徐々に変化する過程であり、一夜で深刻な症状が表れるものではありませんので、肝硬変の症状が少しでも表れたら、必ず生活習慣を改善し、治療に専念し、肝硬変の進化を阻止する必要があります。

口腔には豊富な血管、神経と腺体があるので、高度な敏感領域でもあります。肝組織が繊維化になった後、口腔血液循環は即に影響を受けます。長年慢性肝炎を患った患者は、唇や口腔内粘膜が健康時の鮮明さを失い、色艶が暗くなる現象がでたら、肝硬変に病変しつつある可能性があります。外に、虫歯がないか軽度の虫歯の方が、突然虫歯になったり、急に進行したりすると、肝臓病が進行している前兆です;また、歯周炎、歯槽膿漏になり、繰り返し治療しても好転が見られず次第に悪くなる場合、肝臓病が進行していることを意味しています。肝硬変によるビタミンB類不足も舌炎、舌萎縮、歯槽出血、口臭、耳下腺腫れなどの口腔病変を引起します。

どんな種類の肝臓病にかかわらず、いったん口腔に上記の病変が現れたら、肝硬変の前兆である可能性を警戒すべきです。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変の新たな治療法に
      チャレンジしたい方
    • 肝硬変治療の薬の副作用
      にお悩みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved