NASH(非アルコール性脂肪肝)の治療
Home NASH(非アルコール性脂肪肝)の治療

NASH(非アルコール性脂肪肝)の治療

非アルコール性脂肪肝(NAFLD)とはお酒をほとんど飲みませんが、脂肪肝になる。NASHはNAFLDの一種で、NAFLD全体の20%を占めて、肝硬変、肝がんへ進行られる非アルコール性脂肪肝炎です。去年の日本臨床治療データで、肝臓がんの約50%発癌病因は脂肪肝(多数の患者はNASH)で、米国の治療データでもNASHが肝細胞がんを発症するリスクは極めて高い。2006年まで、B型、C型肝炎からの発がん原因比率は90%以上です。

NASHの発病原因:1.インスリン抵抗性。肥満、高血圧、脂質代謝異常症、糖尿病、高脂血症などで、インスリン抵抗性、インスリン分泌不全と相互に関連して、悪循環を形成するので、遊離脂肪酸は肝臓へ中性脂肪が作られ貯め込まれる。脂肪肝になってしまう。
2.脂質過酸化。鉄などの酸化ストレス、エンドトキシンなどによりサイトカインの放出で、DNAを直接傷害する。肝細胞障害が引き起こされNASHは肝硬変へと進展し、発癌を促進する要因となる。

NASHの診断条件:1.非飲酒者、少量飲酒者;肝生検で、肝組織に脂肪肝炎を検出する。肝細胞の腫大,リンパ球の浸潤と線推化の所見が判断条件です.ついには病変が進行すると肝硬変へ....C型肝炎などほかの肝臓病がない。
また、IV型コラーゲン7S(肝線維化の程度を反映する)が高い、空腹時インスリンが高い、血清フェリチンが高い等の検査を参考して、診断できる。

NASHの治療:食事・運動治療法。エネルギーと脂肪の摂取制限を糖尿病食の標準で実行する。運動は週5回程度20分軽く汗ばむ程度。食事・運動治療法はインスリン抵抗性を改善し、メタボリックシンドローム(内蔵脂肪型症候群)の治療にも有効です。無効の場合、インスリン抵抗性や酸化ストレスに対してウルソデオキシコール酸やビタミンEやピオグリタゾンや養生片仔廣などの薬物療法で治療しましょう。

関連文章

  • 高リスクで肝癌に進展する「非アルコール性脂肪肝炎」
  • 養生片仔廣,抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣&脂肪肝:有効改善性の確認
  • 脂肪肝治療法について
  • 脂肪肝症状について
  • ミカンで脂肪肝抑制、成分の効果確認
  • ホタルイカ:脂肪肝などの予防効果を解明
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved