肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home原発性胆汁性肝硬変の最新治療法、講演会で紹介へ

原発性胆汁性肝硬変の最新治療法、講演会で紹介へ

中年女性に発症が多いといわれる難病、原発性胆汁性肝硬変(PBC)について学ぶ市民講演会が28日、相模原市緑区のソレイユさがみで開かれる。市主催で参加無料。市内にも100人を超す患者がおり、最新の治療法などを学べる。

難病情報センターなどによると、PBCは肝臓の一部が破壊され、胆汁の流れが悪くなる病気。肝機能低下に始まり、高脂血症や骨粗しょう症などを併発する場合も。病名の「原発性」とは「最初の」という意味で、放置すれば肝硬変にもつながることがあるという。

初期症状で皮膚のかゆみや黄(おう)疸(だん)が現れることもあるが、「無症候性」と呼ばれる自覚症状がないケースも増えている。当日は、北里大学医学部教授の渋谷明隆さんを講師に、詳しい病気の仕組みや療養中の生活の仕方などを解説する。  市疾病対策課によると、市内の患者数は昨年度末時点で121人。同課は「知識を得ることで患者さん自身が不安を和らげたり、身近な患者さんへの理解につなげてほしい」と当日の参加を呼び掛けている。

電話申し込み制で、先着順。当日は午後2時から同4時まで。  申し込みは、市コールセンター電話042(770)7777。

関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変の新たな治療法に
      チャレンジしたい方
    • 肝硬変治療の薬の副作用
      にお悩みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved