肝硬変で移植、2割が再び飲酒…誓約書書いても
Home 肝硬変で移植、2割が再び飲酒…誓約書書いても

肝硬変で移植、2割が再び飲酒…誓約書書いても

アルコール性肝硬変が原因で肝臓移植を受けた患者のうち、2割以上が手術後に再び飲酒を始め、うち7割近くが再び血液検査などで肝臓に障害が表れるほどの飲酒量だったことが、日本肝移植研究会の調査で分かった。

国内での大規模な調査は初めて。調査は、1997年11月~2011年12月にアルコール性肝硬変が原因で肝臓移植を受けた37医療機関の患者のうち、退院できずに亡くなった人などを除く140人を分析した。その結果、32人(男性23人、女性9人)が移植後に再び飲酒を始め、うち21人(男性14人、女性7人)が血液検査などで肝臓に障害が表れていた。飲酒を始める時期は移植後1か月~1年半に多く、中でも半年後が最多だった。肝臓に障害を来すほど飲酒した人の生存率は5年で下がり始め、10年では飲酒していない人の3分の1以下だった。

調査した東京女子医大消化器外科の江川裕人教授によると、移植前に患者は「再飲酒しない」と誓約書を書くが、管理が難しいといい、「患者の生活全般をサポートする体制が必要」としている。

関連文章

  • 肝硬変の治療
  • 肝硬変合併感染の治療について
  • 肝硬変を抑えて、繊維化を逆転
  • C型肝炎治療法について
  • 脂肪肝治療法について
  • 肝臓がん内科治療法
  • 肝臓がん手術切除療法
  • 抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 養生片仔廣&脂肪肝:有効改善性の確認
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved