C型肝炎ウイルス量の減少に期待
Home C型肝炎ウイルス量の減少に期待

C型肝炎ウイルス量の減少に期待

岡山大学は6月21日、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染認識に関わる新しい宿主因子を突き止め、その分子機構を明らかにしたと発表した。

岡山大学は6月21日、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染認識に関わる新しい宿主因子を突き止め、その分子機構を明らかにしたと発表した。

今回の研究は、C型肝炎ウイルス(HCV)の感染認識機構の全容解明に向けて行われたもので、その結果、感染細胞内でHCVが複製することにより生じる二本鎖RNA を「非自己」として認識する宿主因子を新たに同定したという。

この「クラスA スカベンジャー受容体」と呼ばれる宿主因子は、HCV感染細胞由来の二本鎖RNAを細胞外で認識し、その下流の抗ウイルス機構を活性化することに関与していることが確認されたほか、同因子を介して、HCV感染細胞から非感染細胞に抗ウイルスシグナルが情報伝達されていることも判明したという。

今回の研究の結果、C型慢性肝炎患者の肝臓内におけるクラスA スカベンジャー受容体の発現量により、HCV量が調節されている可能性があることが示唆されたことから、研究グループでは今後、クラスA スカベンジャー受容体の発現調節を人為的に行うことが可能になれば、体内の自然免疫応答を高め、HCV量の減少が可能になることが期待されるとコメントしている。

関連文章

  • C型肝炎治療法について
  • 脂肪肝治療法について
  • 肝臓がん内科治療法
  • 肝臓がん手術切除療法
  • 脂肪肝症状について
  • C型肝炎予防について
  • C型肝炎症状について
  • C型肝炎について
  • 高リスクで肝癌に進展する「非アルコール性脂肪肝炎」
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved