肝臓移植手術
Home メルクとブリストル、C型肝炎治療薬の共同開発に合意

メルクとブリストル、C型肝炎治療薬の共同開発に合意

米製薬大手のメルクとブリストル・マイヤーズ・スクイブは22日、遺伝子型1のC型肝炎ウイルス(HCV)に感染した患者を対象にダクラタスビル(一般名)とプロテアーゼ阻害剤「MK-5172」(開発コード)の併用投与を第2相臨床試験で評価することに合意したと発表した。

ブリストルのダクラタスビルは、NS5A複製体阻害剤で、C型肝炎投薬計画向けの経口直接作用型抗ウイルス薬として現在研究が進められている。

メルクのMK-5172は、NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤で、別の承認済みの抗ウイルス薬と試験段階にある治験薬との併用投与について複数の第2相試験で評価されている。

メルクは両社の包括的契約により第2相試験を実施する。金銭的条件は公表されなかった。
第2相試験以降の臨床開発はこの契約には含まれていない。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved