肝臓移植手術
Home 日本であきらめた肝臓移植手術 韓国で成功

日本であきらめた肝臓移植手術 韓国で成功

日本での肝臓移植手術をあきらめたロシア人男性が韓国で手術を受け健康を取り戻したことが6日、明らかになった。

アルコール性肝硬変を発症した男性は、唯一の治療法である肝臓移植手術を受けようと昨年12月に北海道大学病院を訪れた。

日本は1993年に世界で初めて成人の生体肝移植に成功し、世界の肝臓移植手術の基礎を築いたと評価されている。北海道大学病院は肝臓移植分野において日本で3本の指に入るといわれている。
しかし、男性の病状が深刻な上、肝臓の提供を申し出た男性の母親と叔母の肝臓が小さかったため、移植は困難だと告げられた。男性に残された道は2人の提供者から同時に肝臓移植を受ける「2対1肝臓移植」だったが、日本の医療機関ではその経験がほとんどなかったため日本国内では難しいとの結論が出された。

そのため北海道大学病院は「2対1肝臓移植」で、世界最多手術件数を誇るソウル峨山病院に手術を依頼した。12月28日に母親と叔母と共にソウル峨山病院に入院した男性は、1月16日に手術を受け順調に回復し、今月5日に退院した。
同病院のイ・スンギュ教授は「日本から連絡を受け、手術は十分に可能だと判断した。世界で臓器移植手術をリードしてきたのは日本と米国だが、生体肝移植などいくつかの分野に限っては、医療先進国から依頼を受けるくらい韓国が世界をリードしている」と話した。
同病院臓器移植センターでは2011年に世界で最も多い403件の肝臓移植手術を成功させた。毎年100人余りの外国人医療関係者が研修に訪れるなど、肝臓移植分野で世界的に知られている。

 関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved