肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
Home ›肝機能異常 病気隠れていることも

肝機能異常 病気隠れていることも

検診や人間ドックで行う血液検査に、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ―GTPなどの肝機能を調べる項目があります。人間ドック受診者の肝機能異常の割合は、3人に1人と増加傾向にあります。肝機能異常と言われ、病院受診を指示された方は、その後どうされていますか。

「前の日にお酒を飲みすぎたせいだろう」「体調も良く、元気で症状もないから大丈夫」と考え、そのまま様子を見ていませんか。  お酒のせいと思っていても、今まで気付かなかった肝臓の病気が隠れていることもあります。肝臓は「沈黙の臓器」といわれています。かなり進行するまで自覚症状がほとんどないため、体調が良くても肝臓の病気がないとはいえません。

進行すると肝硬変や肝臓がんに至ることもあります。そのような病気がないか調べ、適切な治療を行い進行を予防する、肝臓病の早期発見・早期治療が、肝機能異常の精密検査の目的です。  では、どういう病気をチェックするのでしょうか。ウイルスが原因となる病気に「B型肝炎」「C型肝炎」があります。肝臓病の中で最も進行しやすく、必ずチェックすべき病気です。これは血液検査で調べます。

また、生活習慣病(メタボ)を原因とする「脂肪肝」も注目されています。以前は、あまり心配ない病気と考えられていました。しかし、最近は脂肪肝が増えており、一部は肝硬変や肝がんへ進展することが分かってきたからです。脂肪肝の診断には、血液検査だけでなく超音波検査などの画像検査が必要です。

 もちろんアルコールの飲みすぎも肝機能異常の原因となります。飲酒量が多くなれば、肝硬変や肝がんへ進行しますので、軽視はできません。

薬の副作用で肝機能異常が起こることもあります。病院で処方される薬に限らず、市販薬や健康食品も原因となることがあるため、問診で忘れずに申告してください。

 肝機能異常と言われ、精密検査を受けたことがない方は、肝臓病の早期発見のために、一度は病院でチェックを受けることをおすすめします。

関連文章

  • 養生片仔廣は抗肝臓線維化(肝硬変)作用があるか?
  • 養生片仔廣は肝腫瘍性病変の形成に抑制効果
  • 養生片仔廣は肝炎の治療と肝癌の予防の可能性
  • 肝硬変及び合併症の治療方法
  • 肝硬変患者の食事
  • 肝硬変で消化管出血
  • 肝硬変腹水
  • 肝硬変患者の看護
  • 脂肪肝治療、改善
  • C型肝炎治療法
    • 肝機能値が心配な方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
    • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
      みの方
    70代 / 女性
    肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
    60代 / 男性
    ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
    ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
    もっと見る
    Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved