肝硬変と戦う方に、役に立つ情報を提供
肝硬変は日常的な慢性肝臓病の一つです。肝硬変原因によって、肝細胞が死に、その再生過程で線維組織によって置換され、結果的に肝臓が硬く変化し、肝機能が減衰して、外観が萎縮し表面は凹凸不整になった状態を指します。具体的に言うと、肝細胞の瀰漫性壊死に続き、繊維組織増殖と肝細胞結節状態が起こり、この三種類の病変が体内で繰り返される結果、肝臓の左右葉の構造に変化が出て、血液循環の通路も改築され、肝臓が変形や硬化して、肝硬変に発展します。肝硬変初期には、明らかな症状はありませんが、肝硬変末期になってくると、一連の肝硬変合併症を引き起こします。例えば、門脈圧亢進や腹水、食道静脈瘤、肝性脳症、肝臓ガンなど。
  • 肝機能値が心配な方
  • 肝硬変、脂肪肝、肝炎の新たな治療法にチャレンジしたい方
  • 肝硬変、脂肪肝、肝炎治療の薬の副作用 にお悩
    みの方
70代 / 女性
肝硬変の状態が、10-13年位続いて います。癌にならない為にどんなこ とでもしたい心境です。養生片仔廣 を飲みだして2年になりますが、G PTが下がってうれしく思います。 もっと早く養生片仔廣に出会いって いればよかったと思います。
60代 / 男性
ガンの手術をして8年過ぎました。 いろいろな時はありましたが再発も なく過ごして来たのは養生片仔廣の お陰と信じております。
ウルソは飲まなくでも養生片仔廣は 忘れてはいけないと思います。手術 後こんなに生きていられるとは思っ てもいませんでした。
もっと見る
Copyright ⓒ 2016 XUFENG-INFO All Rights Reserved